障害者就労支援施設 どじょっこハウス

障害者就労支援施設 どじょっこハウスについて

どじょっこハウスは平成19年12月に北秋田市鷹巣元町に就労継続支援B型施設として開設しました。その後、利用者様の増加に伴い、平成22年4月より就労継続支援A型事業を追加して、現在の場所にリニューアルオープンしました。
障害者の自立と社会活動への参加を促進するために、就労や生産活動の機会を提供いたします。また、一般就労に必要な知識・技術が高まった方は一般就労等への移行に向けて支援いたします。
グループ法人である医療法人久幸会と連携し、集団と個別性を重視しながら、包括的且つ総合的な支援体制の整備を行っております。


当院までのアクセス










どじょっこハウスが提供する作業種目は、食堂業務・清掃業務・印刷業務・木工工芸業務・農業業務の5種目あります。食堂業務の一環として、「食堂どじょっこはうす」として営業しております。作業内容について詳しくは、下記をクリックしてください。


       









   
放冷詰合室
  食堂・多目的ホール   売 店


1

 
●利用対象
利用開始時に65歳未満の方であり、就労に必要な知識や能力の向上を図ることにより、雇用契約に基づく就労が可能と見込まれる方が対象となります。
・事業所内において、雇用契約に基づく就労の機会の提供
・上記を通じて、一般就労に必要な知識や能力が高まった場合、一般就労への移行に向けた支援 を目的として、必要な指導等を実施します。
●定員数 10名








 
●利用対象
障害のある方々の中で
・働く意欲があっても自信のない方
・将来、一般就労を目指している方
・市町村が必要と認めた方
就労の機会や生産活動の機会を提供し、能力が向上した場合は就労に向けた支援を行う事業です。
●定員数 16名