社会福祉法人友遊会

東大和市総合福祉センターは~とふる・特別養護老人ホームは~とふる

[MAP]
MAP
〒207-0022
東京都東大和市桜が丘2-53-6
電話 042-516-3981(障害棟)
042-516-3985(特養棟)

障害部門

生活介護【定員50名】

は〜とふるの近くには緑豊かな東大和南公園や玉川上水緑道があり、お天気の良い日にはみんなで散歩(散策)に出掛けます。室内では、音楽クラブ、ダンスセラピー、ゲーム、造形講座、カラオケ等の活動を行い、話題のスポーツ『ボッチャ』にも取り組んでいます。新しいことに挑戦して、出来た時の喜びは、ご利用者様の自信につながっていると思います。は〜とふるでは、ご利用者様のお気持ちに寄り添う支援、笑顔あふれる支援を目指しています。ご利用希望の方はお気軽にご相談ください。

就労継続支援B型【定員44名】

一般企業等への就労が困難な方に下記のような生産活動の機会を提供するとともに、ご利用者様の知識および能力の向上に必要な支援を個別支援計画に基づいて行っています。
ご利用希望の方はお気軽にご相談ください。

作業内容

パン工房)パンやクッキー等の焼き菓子を作ります。
(自主製品)木製クリップ、クルミボタン等の小物を作ります。
(クリーニング)厨房とパン工房の制服、玄関マット等のクリーニングを行います。
(喫茶・売店) さくらcaféで接客、商品陳列、在庫管理、販売等を行います。
(厨房・配膳)調理補助、食器洗浄、食事の配膳・下膳等を行います。
(清掃)公園清掃、特別養護老人ホームや多目的集会室等の清掃を行います。
(園芸)中庭や屋上菜園で無農薬野菜を栽培します。

就労移行支援【定員6名】

は〜とふるの就労移行支援事業所の愛称は『さくらワーク』です。東大和市唯一の就労移行支援事業所であり、対象者の障害種別は問いません。一般就労を希望する方に対して、就労に必要な知識やコミュニケーション能力等を向上させるための支援を行う他、は〜とふる内の就労生活支援センターと協力してご利用者様の適性に合った職場の開拓、就労定着支援をきめ細かに行います。
見学・利用を希望される方は、お気軽にご相談ください。

宿泊型自立訓練【定員14名】 通所型自立訓練【定員10名】

は〜とふるには、宿泊型自立訓練と通所型自立訓練(生活訓練)があります。地域での一人暮らし、あるいは、グループホームでの生活を希望する知的障害または精神障害のある方に対して、居室その他の設備を利用して、日常生活に関する必要な支援や相談・助言等を行います。
利用を希望される方は、お気軽にご相談ください。

短期入所【定員2名】

介護者が病気の場合や介護者の休養を目的として、短期間(夜間を含む)食事や入浴、排泄の介護等を行います。 対象は18歳以上の身体・知的の障害をお持ちの方です。ご利用には診療情報提供の提出と事前登録が必要です。
先ずは事前見学をお勧めしております。お気軽にご相談ください。

日中一時支援【定員2名】

日中一時支援は、障害を持つ方に宿泊を伴わない短時間の支援を提供し、食事や排泄介助等の必要な支援を行うことにより、介護者の負担軽減を目的としています。対象は、18歳以上の身体・知的障害をお持ちの方です。長期休暇中は、中学生・高校生の利用もお受けしています。事前登録が必要です。先ずはご相談ください。

相談支援

相談支援部門では、障害福祉サービス等の利用計画作成に関する支援をはじめ、地域生活への移行に向けた支援、日常生活や福祉に関する幅広い相談支援を行っています。障害福祉サービスを利用するために必要な「サービス等利用計画」の作成にあたっては、「どこで誰とどのような暮らしがしたいか」「どこでどのような活動・仕事をしたいか」「休日はどのようなことをしたいか」等、ご本人やご家族の希望を丁寧に伺いながら、関係機関と協力して、ご本人らしい生活を支えることを目指しています。

就労生活支援センター

就労生活支援センターは、市内在住の障害をお持ちの方(障害種類、手帳の有無は問いません)を対象に主に一般企業就労に関連した支援を行っています。離職、再就職に向けた相談も行っておりますので、就労にまつわるご相談がありましたら、お気軽にお電話をください。

地域活動支援センター

地域活動支援センターでは、知的障害・身体障害のある方の多様なニーズやご要望を反映した各種講座とプログラムを毎日(月~金)開催しています。様々な活動を通して、新たな生きがいを見出したり、ステキな仲間作りの場にもなっています。皆様の声を大切にしながら、活動を充実させて行きたいと考えております。見学は随時受け付けておりますので、事前連絡のうえお気軽にお越しください。
【講座・プログラム】
創作活動(書道・華道・歌謡教室)、機能訓練(身体機能訓練・生活機能訓練)、社会適応訓練(パソコン・料理)、余暇の過ごし方をサポートする『余暇サロン(アミーゴは~とふる)』は第2・第4土曜日開催。

ケアラー支援

ケアラーとは、ケアをする人・介護をする人という意味です。高齢者や障害者をケアしているご家族の方を側面から支援する東大和市の事業です。ケアラーズカフェやケアラー交流会のお知らせが市報に掲載されますので、ぜひお気軽にご参加ください。個別のご相談も受け付けております。

地域交流部門

多目的集会室

多目的集会室は、東大和市内で活動する障害者団体の他、地域で活動するサークル・団体が利用できます。事前に団体登録が必要となりますので、利用方法については、お問い合わせください。
【定員】40名程度
【設備・備品】テーブル・椅子、プロジェクター、スクリーン等

情報交換コーナー

市内を中心とした福祉に関する情報が集まる場所です。情報交換パネルを設置し、各種福祉サービスのパンフレットやボランティア募集等のチラシを配架しています。情報検索用にタッチパネルのパソコンがあり、福祉や障害に関するDVDの視聴ができます。各種書籍の貸出しも可能です。お気軽にご利用ください。

喫茶・売店

1Fの喫茶・売店コーナーでは、市内の作業所のステキな自主製作品をはじめ、は〜とふるの自家製パン・手作り小物を販売しています。『さくらカフェ』では、こだわりのコーヒーをご用意して皆様のお越しをお待ちしています。ぜひお立ち寄りください。
◆喫茶コーナー10時〜15時  ◆売店コーナー10時〜16(月のみ15時)
◆パン販売11時より無くなり次第終了(火〜金曜日)

は〜とふる通信(PDF)

は〜とふる通信 創刊号(H29.6月)
は〜とふる通信 第2号(H29.11月)
は〜とふる通信 第3号(H30.4月)

東大和市総合福祉センターはーとふる

ページトップへ